AKB48握手会川栄李奈入山杏奈理由

こんなことが起きるなんて・・・

私は正直今そんな気持ちですが、
このような熱狂的に支持されるアイドルグループや有名人だったり、
その時代時代で大きな存在となっているものには、
その熱狂が時としてこのような惨事を招くことが往々にしてあります。

今回のAKB48握手会で川栄李奈さんと入山杏奈さんが襲われた事件は、
AKB48という熱狂的な時代のアイコンとして注目されすぎた先に起こった
悲しい事件であるといえるでしょう。

AKB48握手会でなぜこのようなことに

AKB48は「会いにいけるアイドル」として
メンバーがファンと握手する握手会を開催してきました。

CD購入特典として握手会参加券を付録することで、
爆発的なCD売り上げ枚数を記録し、これまでのレコード業界の常識を塗り替えました。

AKB48の握手会参加券を特典にする商法(通称AKB商法)は、
視点を変えると販売商品以上の価値を提供するプロモーションアフィリエイトにも通じる
近い視点とも言えるマーケティング手法だと思っています。

購入者に価値を提供する。その対価を受け取る。

このビジネスの基本的原理をCDというメディアとアイドル産業というマーケットで、
最適に成果を伸ばしていく為の画期的な手法と言えました。

そして
AKB48選抜総選挙の開催によりそのAKB商法はマックスを迎えます。
投票券が特典のCD販売です。

  • CDには握手会参加券がついている。
  • 推しメンへの投票券がついている。

AKB48ファンのヲタ達を止めるものは何もありません。
とにかくCDを購入し推しメンを総選挙上位に入賞させることが大切なのです。

人は大切な誰かの笑顔を見たくて頑張っているのです。

そしてその笑顔を(できれば)自分だけのものにしたいと思うものです。

AKB48握手会事件の概要

握手会レーンに並んでいた中より加害者がいきなりノコギリで襲いかかったそうです。
会場には悲鳴が響き、騒然としたそう。

2014年5月26日3時現在の情報では、
川栄李奈と入山杏奈が襲われて指の骨折と裂傷で入院手術するとのこと。
それ以外の詳しい情報はこれからとなります。

犯人は現行犯逮捕されて、23歳の無職男性とのことです。

AKB48は巨大になりすぎたコミュニティー

なぜこのような事件がおこってしまったのでしょうか?
AKB48というアイドルグループが巨大になりすぎてしまったという理由があります。

これまでも
アイドルタレントなどは多数のストーカー被害やプライバシー問題が指摘されてきました。
AKB48は「会いにいけるアイドル」としてどこまで大きくなっても握手会を開催し続けてきました。

メンバー数も48人を遥かに越えて、100人を超え、
名古屋にSKE48、大阪にNMB48、博多にHKT48(指原莉乃も在籍中)、更にはジャカルタや上海にも支店を。

ビジネスモデルとして大成長を遂げたAKB48は、
公式ライバルグループとして乃木坂46を。

たとえばビジネスなら「価値を提供して収益を上げ続けること」が目的で、
アーティストなら「自分の理念を表現して収益を上げ続ける」ことが目的ですが、
芸能界やアイドルは「収益を上げる」ことが目的です。

ようは「まずは売れないと話にならない」というところです。
売れてから理念を後からつけていくのがアイドルです。
(当然に戦略はありますが、パーソナリティーはやりながら育てるものです)

AKB48は参加型コミュニティー(握手会やAKB48劇場)としてアイドル戦略を展開し、
数年の苦しい時期を乗り越えてブレイクしました。

AKB48握手会

そして日本の代表的なグループとなりました。
(レコード大賞も紅白もワイドショーもAKB48だらけです)

巨大になりすぎたAKB48は、
リスクを取りながら昨今のアイドルCD(グッズ)販売戦略の特典路線を
突き進まざるをえない状況になっていったのです。
(やめると売上落ちるのは目に見えています)

必要なのはファン教育と危機管理意識

ビジネスは一度広げてしまうとなかなか小さくしにくい面があります。
何をするにも経費がかかり、人を雇うと人件費がかかります。

巨大産業となったAKB48のメンバーの方には、莫大な人数のスタッフ経費ものっています。

大きくなりすぎたコミュニティーは一度破壊して、
再構築していくのも健全な手法となります。

それでもコミュニティーを継続していくのであれば、
必要なのは「教育」と「管理意識」です。

どのような価値を参加者に提供していくか方法を運営者が理解して実践し、
参加者の意識とズレがないかを常に確認していく作業です。

これは常に把握できるコミュニティーの中で参加者の意見を
フィードバックする環境をつくることで教育していけます。

AKB48のような巨大産業だと、
その現場が2ちゃんねるやツイッターなどになるかもしれませんが、
アイドル自身がブログなどで発言し、ファンを教育していくこともできます。

そして運営者はそのようにファンを教育していく意識と危機感が必要です。

ビジネスの中には、常に購入者がいるのです。
(そしてアイコンであるアイドルもいます。)
人の心を理解してビジネスモデルを構築していく必要があるのです。

Cyfonsサイフォンス利用者は教育と管理意識を持つべし

当サイトで紹介している「Cyfonsサイフォンス」ですが、メルマガ配信や会員サイト作成で、
ビジネスモデルとしてのコミュニティーを作成することができる商材です。

AKB48のような巨大コミュニティーは優れたビジネスモデルです。
このような良い部分を取り入れながら、リスクを理解して実践していくことが
あなたの新世界アフィリエイト実践、Cyfonsサイフォンス運営に役立ちます。

参加者の意識を常に確認していくこと。

これができなかったのが今回のAKB48握手会事件が起こった理由とも言えるでしょう。

怪我をされたご両人の一日も早い全快を祈りつつ、
選抜総選挙2014でのご活躍も祈ります。

AKB48握手会事件の襲われた理由

AKB48の握手会で川栄李奈さんと入山杏奈さんを襲った犯人ですが、

「相手は誰でも良かった。人が多くいるところだったからやった。相手は誰だかしらない」

と供述しているということを報道で知りました。

これはAKB48が巨大なコミュニティとして認知されすぎている側面があるので、
そこに対して嫉妬・やっかみ・妬みという部分で突入された理由と考えられます。

川栄李奈さんと入山杏奈さんを知らずに襲ったということは、
逆に理由や今後の防止策が講じにくい側面もあります。

人気商売はこのようなリスクもつきまとうことを理解しながら、
コミュニティ運営をしていく必要を感じます。
頑張りましょう。

コメントを残す





以下は関連する情報商材記事です。