フォローマティックXY情報商材比較

フォローマティックXYは2014年4月に発売されたばかりの大ヒット商材です。

2012年12月に発売された初代型のフォローマティック情報商材ASPインフォトップ
7000本以上を売り上げるなど素晴らしい販売実績を持った中での発売でした。

その上位版機種にあたるフォローマティックXY
発売前からかなりその話題が盛り上がっていました。

現在フォローマティックXY発売から一ヶ月半が過ぎました。

フォローマティックXYの商材としての評判とサイフォンスCyfonsの相互利用方法や、
新世界アフィリエイトとの親和性を解説していきます。

フォローマティックXYの発売が意味するもの

フォローマティックXYが発売されることによって、
ツイッターアフィリエイトの実践者が再び爆発的に増えるという現象が起きています。

これは爆発的ヒットのアフィリエイト商材の宿命とも言える現象でしょう。

このようにネットビジネス業界はヒット商材に偏った業界です。

初代版フォローマティックはツイッターアフィリエイトにおいて
とても便利なツールである自動フォローツールの決定版として発売されました。

それまではフォローブースターが発売されたりしましたが、
商材自体が期間限定で販売中止したこともあり、
初代フォローマティックはほぼブルーオーシャンのなかで大ヒット。

販売者のきったんさんと柏崎さんのフレッシュな優秀さもあり、
ツイッターアフィリエイトが流行しました。

フォローマティックはツールとしての評判もよく、
どんどん販売数と知名度を伸ばしていきました。

実際にフォローマティックの発売をきっかけに、
ツイッターアフィリエイトで大きく稼ぐ実践者が目立ちました。

フォローブースターProでツイッターアフィリエイトノウハウが

ツイッターアフィリエイトで大きく実績をあげたノウハウを
新しくまとめてツールとノウハウとして発売されたのが、
フォローブースターProでした。

期間限定で販売終了されたフォローブースターから、
更にバージョンアップしてWEB上でも使える新機能も多数搭載。

自動相互フォロー機能のクイック2000やリツイートスコープなど、
きちんと利用する手段を理解していれば爆発的な効果をだす
そんな商材がノウハウもつけて発売されました。

このフォローブースタープロで公開されたツイッターアフィリエイト手法が、
現在も大きく成果をだしている手法です。

フォローマティックXYと情報発信

フォローマティックXYは発売後に順調な発売本数となりました。
現在も販売本数は伸びていっています。

かなり市場が激化していたツイッターアフィリエイト市場に、
更に新しい爆弾を落とした流れとなります。

しかしこの実践者達の中から、
更にツイッターアフィリエイトで大きく稼ぐ実践者も輩出されています。

ツイッターで実績を構築したアフィリエイターが次に目指すもの、
それが情報発信でのネットビジネスです。

当然にツイッターは無料で使えるソーシャルサービスです。
ユーザーが多数存在するからこそ稼げる市場です。

そこだけに特化して実践していると、
いつまでも自分が作業し続ける必要があり、レバレッジが効きません。
そしてツイッター市場からユーザーが減ると、稼ぎも減ります。

だからこそ次に目指すのは情報発信でのネットビジネス。

自分にしか発信できない内容をメルマガアフィリエイト等で実践することにより、
安定的で爆発的な報酬を得ることができます。

リストビジネスであるメルマガアフィリエイトは、
クロージングかけるタイミングも自分で選択できるからです。

サイフォンスCyfonsを利用するツイッターアフィリエイト実践者

ツイッターアフィリエイトで実績を構築した場合、
ブログを作ったり、メルマガを配信したりするネットビジネスに
まだシステム的に慣れてない場合が考えられます。

そこでサイフォンスCyfons新世界スクールシステムが有効となります。

情報発信メルマガアフィリエイトの仕組みを、
学びながら実践できるサイフォンスCyfonsシステムは
まさにツイッターアフィリエイトで実績を構築した実践者にうってつけです。

ツイッター自体でメルマガへの集客をすること自体も可能ですし、
ツイッターアフィリエイトの実績を看板にしてブログで集客も可能です。

新世界アフィリエイトで解説されている「自分自身の新世界構築」が
ツイッターアフィリエイトという限られた媒体の中より、
サイフォンスを利用することによって、よりわかりやすく実践できます。

フォローマティックXYなどの実績構築に特化したツールメインの商材も、
このようにサイフォンスとの親和性はかなりあります。

サイフォンスCyfonsのシステムは様々な状況で利用できるからです。

コメントを残す





以下は関連する情報商材記事です。